News

    More

    6つの質とその作用

    6つの質とその作用

    食事には「6つの味」と同様に「6つの性質」というものもあり、
    私たちの心と身体に様々な作用をもたらしています。
    6つの質について、それぞれの特徴と身体に及ぼす作用について見てみましょう。

    ①重性:
    チーズ、ヨーグルト、小麦など
    ワータとピッタを整え、カパを乱す

    ②軽性:
    大麦、ホウレンソウ、コーン、りんご
    カパのバランスを整え、ワータとピッタを乱す。

    ③油性:
    乳製品、油
    ワータとピッタのバランスを整え、カパを乱す。

    ④乾性:
    大麦、コーン、じゃがいも、豆類
    カパのバランスを整え、ワータとピッタを乱す。

    ⑤熱性:
    温度の高い飲食物、スパイス
    ワータとカパのバランスを整え、ピッタを乱す。

    ⑥冷性
    冷たい飲食物、緑黄野菜、きゅうり
    ピッタのバランスを整え、ワータとカパを乱す。

    私たちの身体は食事をすることで、その質の影響を受けます。
    例えば、重く冷えやすいカパ体質の人が、アイスクリームのような重性と冷性の食品を摂ると、
    さらにカパ性を増やしてしまい、カパを悪化させます。
    逆に、温かくて軽いもの、例えば緑の野菜を煮込んだスープなどは、カパを鎮静してバランスを整えてくれます。

    このようにカパの性質(重い、冷たい、油性、など)の人が、カパの性質をもった食物を摂るとカパが増えて悪化します。
    逆に、カパと正反対の性質(軽い、温かい、乾性)をもった食物を摂ると、カパが減ってバランスが良くなる、というわけです。
    同じことがワータ、ピッタにも言えます。