News

    More

    ワータ体質の食事法

    ワータ体質の食事法

    <ワータ体質の人のための食事療法>

    重性、油性、熱性で潤滑性のある食物をとり、量も多めでカロリーも十分にとる。
    食品は、甘味、酸味、塩味のものを優先します。

    暖かい食物、バターやオイルを加えて調理しましょう。
    暖かく滋養になるような食物はワータの安定に適しています。
    ワータに必要とされる塩、酸味および甘味というのは、ストレスの鎮静させ心を満足させる効果があります。
    冷たいサラダ、氷で冷やした飲料、生野菜、青い(熟していない)果物はワータを乱します。

    ① 朝食
    ワータの人は消化力がさほど高くはありません。特に胃腸の働きが鈍い朝は、気をつける必要があります。できるだけ暖かく消化の良いものを摂りましょう。できればコーヒーなどカフェインの強いものは避けた方が良いですが、どうしても飲みたい場合は、ミルクや蜂蜜などを加えてみましょう。

    オススメの朝食
    おかゆ、またはオートミール、ホットシリアル。オートミールやホットシリアルにはギーや蜂蜜を加えると良いでしょう。

    ②昼食や夕食
    昼は比較的、消化力が活発になりますので、たくさん摂りましょう。油で調理されたスパイシーなメキシコ料理やインド料理が食欲を上げワータを整えてくれます。もともと消化力が高くはないので、夜は無理のない範囲で。食欲がなければ温かい野菜スープやギーを入れた温かいミルクで滋養をつけてください。

    ③間食
    夕方近くに甘いお菓子(和菓子や完熟フルーツなどがオススメ)とともに暖かいお茶やハーブティを摂りましょう。暖かいミルクに蜂蜜や砂糖を加えてもOK
    その際、ワータが乱れるようなカフェインの飲料は避けてください。また飴類はワータを乱すため、常用は避けましょう。

    ④その他
    ・野菜の取り方:蒸した温野菜や野菜スープなどが適しています。生のサラダはワータを乱すので摂りすぎには注意してください。

    ・果物は完熟した甘いものが適しています。未完の青い物は避けましょう。

    ・冷たい飲み物の代わりに暖かい飲み物やお白湯を取ってください。

    ・生のナッツや、バター(ギー)を積極的に摂りましょう。香辛料としてはシナモン、カルダモン、クミン、生姜、それと適度なクローブが良いでしょう。

    ワータは秋と初冬に悪化し増えやすいので、どの体質の人もこの時期(秋と初冬)は上記の項目に留意して食生活を送ってみてください。