News

    More

    カパ体質の食事法

    カパ体質の食事法

    <カパ体質の人のための食事療法>

    軽性、乾性、熱性、さらに粗大性(麩菓子のように中がスカスカのもの)の食物が良いとされます。カパは消化がゆっくりなので、消化に軽く、カロリー低めの食事が好ましいとされています。
    辛味、苦味、渋味を優先的に摂るといいでしょう。

    「暖かくて軽い食べ物」。これがカパ体質の人には最適です。
    甘味、酸味、塩味のはできるだけ避けること。刺激のある食べ物、渋み、苦味、香辛料もは大丈夫です。
    カパ体質の人は、消化力は弱くないのですが、ゆっくりとしていて消化に時間がかかるのが特徴です。
    消化力(速度)を上げるために、食前に食欲を刺激するために生姜茶や少量の生姜を取ってください。
    食事の前や前菜として、味覚を刺激する苦くて渋い味の食べ物を摂ることもオススメです。
    一般的にカパ体質の人はむくみやすく体重も増えやすい傾向があるので、塩分や糖分、脂肪分の取りすぎには特に注意が必要です。

    ①朝食
    カパタイプの人は朝食はとっても取らなくても大丈夫です。活気づけとして蜂蜜、白湯、レモンジュース、および生姜などを好みに合わせて採ってください。
    朝食をとる場合は、軽めに。辛い香辛料が加えられたリンゴ(酒)ジュース、そば粉入りのパンケーキにリンゴジャムを塗ったもの、とうもろこしマフィン、およびスキムミルクと蜂蜜入りの苦いココアなど。
    冷たいシリアルや冷たいジュース、冷たいミルク、砂糖の入ったペーストリーは避けましょう。ベーコンやソーセージは塩と油によりカパを悪化させ、午前中の活動効率を下げてしまいます。軽めの朝食を心がけましょう。

    ②昼食
    カパの人は、朝食と夕食は軽めにして、お昼にしっかり食事を取るのが良いでしょう。主食もお昼に。レストランなどで食事する場合は、インド料理やメキシコ料理のような辛くてスパイシーな食べものが良いでしょう。
    特に脂分の多いもの、塩味や甘味の強いもの、油でじっくり揚げたもの、これらはすべてカパを悪化させます。できるだけ軽く調理された食べ物や、生のフルーツや野菜を多くとりましょう。サラダのドレッシングは少量に。氷水に代わりに、頼める場合は白湯を頼んでください。

    ③夕食
    夜は、軽く乾燥した食事だけにするのが好ましいです。
    冷たい食べ物や飲み物は避け、砂糖、脂肪分、乳製品、および塩分は特に控えめに。オイルを使う場合は、少量のギー、および軽めのオイルを選んでください。
    調理方法)
    冷静の食材よりは温性の食材を選び、焼いたり、グリルしたり、ソテーにするといった調理が向いています。
    蒸す、茹でるなど、しっとりした調理方法はカパを悪化させるので控えた方が良いでしょう。

    ④間食
    甘味は本来控えた方がいいのですが、カパ体質の人は甘いものが好きです。我慢するとストレスになるので、シュガーレスの甘味料や蜂蜜を代わりにとってください。ただし、1日あたりスプーン一杯以上の蜂蜜を取るのは避けてください。
    また乳製品も取りすぎには注意です。バター、アイスクリームおよびチーズはカパを悪化させる最も悪い食べ物です。どうしても撮りたい場合は温かい低脂肪乳をとってください。

    ⑤消化器官の休息やダイエットについて
    カパの人は食べ過ぎる傾向にあります。胃腸が疲れているな、と思ったら少し食事をお休みしてみることもデトックス効果がとても高くオススメです。1食か2食分の食事を抜いて、お白湯にスプーン一杯の蜂蜜を入れて飲んでください。
    カパの人は、普段の食事でもガツガツと食いつくような食べ方はしませんが、食べ始めるといつまでもダラダラと食べ続けられるため、ダイエットを考える場合は「食事の(終わりの)時間を決める」など食事の終え方を工夫すると良いでしょう。

    カパは春に増えるエネルギーです。どのタイプの人も春の季節になったら、上記のことを留意して食生活を送ってみてください。