News

    More

    8、感情を味わう

    自分の感情を十分に味わっていますか?
    感情を十分に味わうとは平たく言うと、自分の心に素直になる、ということです。
    人は自分の心に素直になると、人生が豊かさと広がりを得て、あなた自身が魅力的になります。
    自分の気持ちを素直に味わえる人は、豊かなコミュニケーション能力を持ち、
    密接な人間関係を築けるようになるのです。

    ただし、感情を味わうことと、その感情をどれだけ表に表すか、は区別が必要です。
    自分の本当の感情(特に恐怖)を避けるために、ほかの感情に逃げる人がいます。
    ヒステリックな態度をとったり脅迫や復讐に転換してしまうのです。
    これは人間関係を壊してしまう一種の逃避的な態度です。
    また逆に、感情を切り離して何も感じてないふりをする人もいます。
    大人として振る舞うために、私たちは大変多くの感情を抑圧してしまっているのです。
    これもヒステリーと同じ一種の逃避的な態度なのです。

    自分の心に蓋をすると、私たちは徐々に心と体がバラバラに切り離されてしまいます。
    心と体が真逆のことをやってしまうこともあるのです。

    心が「これが好き」「これをやりたい」あるいは「もう我慢できない!」と言っているのに
    そんなことは叶うはずもない、そんな願望を抱いても傷つくだけ、と現実的な考えが
    心の声を抑圧してしまうことがよくあります。
    あるいは、そんな甘いことは言ってられない、私はそんなに弱くない!、と
    自分自信に理想の自分像を押しつけて、本当の心を押し殺してしまうこともあります。
    しかし、心を無視して見ないふりをしたり、抑圧していたら、ついには自身が壊れていきます。
    傷つくのは皆怖いものです。でも逃げずに心の声にちゃんと耳を傾けてあげれば
    わたしたちの世界は思わぬ方向に開けていきます。
    心をちゃんと見てあげましょう。感情を味わいましょう。
    そのことが真のコミュニケーションを生むのです。

    自分の「感情を味わう」というのは、実は、夫婦関係、恋人関係、家族関係をうまく持続させるために大変役にたつ技術なのです。もちろん仕事仲間でも。会社の業績アップにもつながります。
    なぜなら、自分の感情に触れていくにつれて、他の人間との関わりが密接になっていくからです。
    感情を感じていけば、自己否定は薄れ、自分の本音がわかるようになります。
    そして正直さと誠実さが強まって、あなたの魅力を増していくでしょう。

    <項目>
    1 心の秘密

    2 あなたの価値
    3 人生の目的
    4 あなたが手にしているもの
    5 前進
    6 扉を開く
    7 許す
    8 感情を感じる
    9 真実が自由をくれる
    10 過去を手放す
    11 受け入れる
    12 ネガティブ感情は全て幻想
    13 空想の人生を生きていませんか?
    14 「傷つく」とはどういうことか
    15 信頼
    16 人生を実現する
    17 心の姿勢が方向を決める
    18 家族の解放
    19 役割と義務感
    20 家庭内の役割
    21 コミットメント
    22 権力争いを癒す
    23 愛の仮面をつけた犠牲
    24 献身
    25 信じたままが現実になる
    26 ストーリーを捨てる
    27 親密さ
    28 喜びを味わう
    29 誘惑(代用品という罠)
    30 パートナーシップ