News

    More

    3 人生の目的

    人生の目的、それは幸せになることです。
    私たちは全員、人生の目的を持っています。そしてその目的に沿って生きている時、
    私たちは達成感をおぼえます。なぜなら、それは幸せに向かっているからです。

    幸せでない時は、自分を癒すことが当面の目的となります。

    他者と深く関わる目的、それは
    第一に幸福になること、そして第二に心を癒すことです。

    みなさんの中には、人間関係が負担に感じている人もいるかもしれません。
    家族や同僚のせいでストレスだらけだ、と感じているかもしれません。

    しかし本来、人間関係=パートナーシップというのは、
    自分自身の目的を全うしていくための意欲とエネルギー源を
    もたらしてくれるものなのです。
    みなさんが幸せに向かい、自分を癒すのを手伝ってくれるはずのものなのです。

    誰かとの関係の中で、胸が張り裂けるような思いがしたり、イライラしたり
    怒りが湧いたりしたら、それは過去に原因があります。
    「叱られた」「裏切られた」「いじめられた」「無視された」など昔のネガティブな記憶を
    現在の人間関係の中でやり直しており、あたなに「癒すべき過去がある」ことを訴えています。
    過去が癒されれば、現在も癒されます。

    そしてあなたの過去を癒してくれるのは、あなたのパートナー(伴侶)です。
    すでにパートナーがいる方も、まだ出会っていない方もいると思いますが、
    「自分にふさわしい伴侶が欲しい」という気持ちは、もともと人生の目的の一部です。

    頭で考える人生プランと、本当の目的(本音)の間にズレがあると
    物事はうまく進みません。
    何かがうまくいっていないな、と思ったら、頭の方にはお休みいただいてください。
    頭で考えた幸福プランは手放し、心のままに(なすがままに)身を任せてみましょう。

    それがうまくできるようになってくると、私たちは自然と周囲の人々との
    相互依存を深めていけるようになります。その中に、あなたの完璧な伴侶も含まれています。

    そして伴侶とのパートナーシップが、あなたを癒し、本来の「人生の目的」に導いてくれるように
    なるのです。

    <項目>
    1 心の秘密

    2 あなたの価値
    3 人生の目的
    4 あなたが手にしているもの
    5 前進
    6 扉を開く
    7 許す
    8 感情を感じる
    9 真実が自由をくれる
    10 過去を手放す
    11 受け入れる
    12 ネガティブ感情は全て幻想
    13 空想の人生を生きていませんか?
    14 「傷つく」とはどういうことか
    15 信頼
    16 人生を実現する
    17 心の姿勢が方向を決める
    18 家族の解放
    19 役割と義務感
    20 家庭内の役割
    21 コミットメント
    22 権力争いを癒す
    23 愛の仮面をつけた犠牲
    24 献身
    25 信じたままが現実になる
    26 ストーリーを捨てる
    27 親密さ
    28 喜びを味わう
    29 誘惑(代用品という罠)
    30 パートナーシップ